西山美香は痩せたり太ったりしてる?吉田沙保里やゆりやんにも似てる??

事件

日本は「冤罪大国」とも言われるほど冤罪事件が多いとも言われるが、その中でも有名な冤罪事件がいくつかある。

その一つに「湖東記念病院事件」がある。この事件は2003年に滋賀県の湖東記念病院で入院中の患者が死亡したことを巡り、殺人罪に問われた元看護助手の西山美香さん。虚偽の自白によって懲役12年という刑が確定し、服役後の後に再審を請求。結果無罪が言い渡されたという。

この冤罪事件が生まれた背景には様々な要因があったとされている。

今回はこの西山美香さんの冤罪事件が生まれてしまった湖東記念病院事件についてと、また12年にも及ぶ長い時間の中で西山美香さんが太ったり痩せたりしているようなのでそれらも併せて調べてみた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

西山美香さんが冤罪となった湖東記念病院事件の概要と真実

この事件は2003年5月に滋賀県の病院で入院中の男性患者(72)が心肺停止の状態で発見されたことから事件が始まった。容疑を疑われた当時看護助手をしていた西山美香さん(当時23歳)が任意を取り調べに対し、「自分が(人工呼吸器の)チューブを引き抜いて殺した」と供述したことによって殺人罪て逮捕・起訴された。

公判では容疑を否認した西山さんであったが、一審の大津地裁は懲役12年の判決を言い渡す。西山さんサイドは控訴・上告をしてものの、2007年5月に刑が確定し服役していた。

服役中に行われた1度目の再審請求は棄却されたが、2度目の再審請求において大阪高等裁判所は再審開始を決定。一方、西山美香さんは12年間服役し2017年8月に満期で出所。

2度目の再審請求は西山さんが出所して4ヵ月ほど経過したころだった。

そして2020年の今年3月に大津地裁での再審で無罪判決が下された。

 

冤罪事件が生まれてしまった原因

一度は刑が確定し出所の後に無罪となったこの事件。12年もの月日はあまりにも長すぎたと言える。

なぜこのようなことが起こってしまったのか?

西山美香さんの取調べに対応した当時の刑事が美香さんが「やっていません」と否定すると、「ウソを付くな」と態度が攻撃的になり、威圧的になった。

しかし、反対に刑事が誘導されたことに対して、たとえそれが嘘の自白であったとしても、それらを認めると態度が軟化し優しくなった。「取調べ」という特殊な状況の中、たとえ嘘を付いたとしても刑事の態度が優しくなるのは美香さんにとっての救いとなってしまう。全く事件に関しての心当たりがなくても、その優しさにすがるために警察側に誘導されるままに虚偽の自白をしてしまう。そして同時に担当刑事に対して恋心を持ってしまった。

通常、警察が犯人を自白させるためにアメとムチを使い分けることは常套手段なのであるが、美香さんはそれらを知らず、恋心を抱いてしまうまでになった。また、なぜそのような状況下において恋心が生まれてしまったのかは

当時の鑑定ではそこまで明らかにされることがなかったのだが、後に西山美香さんは軽度の知的障害と発達障害、ADHDがあることが明らかになっている。

これらの障害を持つ人は「供述弱者」と呼ばれる。例えば、相手に対して迎合(他人の考えに合わせてしまうこと)してしまうという傾向があるとされている。また、あれやこれやと責め立てられるとパニックに陥り、精神的に不安定になることもある。

さらに美香さんの場合、生い立ちから「愛着障害」があることも指摘されている。美香さんには上に兄二人の兄弟がおり、兄二人はとても優秀であったのに対し美香さんは勉強も出来ず、他に得意なことも見つからず事あるごとに兄たちと比べられ常に劣等感を抱いていた。

そのため、自分に関心を持ち、気持ちを寄せてくれる人を渇望していたのだ。それがたとえ虚偽の自白をすることになっても、その人の優しさを失いたくないほどに。

そして担当刑事はその美香さんの心の部分に入り込み、コントロール下に置くことで捜査を優位に進めてしまった可能性が後に弁護人らによって指摘されている。

この冤罪事件は警察側の誘導による優位な調書を作ろうとしただけでなく、「供述弱者」と呼ばれる障害を持つ人々の権利についても考えなえればならない事件であったのである。

 

西山美香は痩せたり太ったりしてる?吉田沙保里やゆりやんにも似てる??

西山美香さんは無罪判決が下されたのは2020年3月31日。本当につい最近なのだ。

そして2003年の事件発生時から17年もの月日が流れている。その中で西山さんの画像がいくつもあるのだが、痩せている時と太っている時の差を感じることがある。


↑この時は比較的痩せている様子。37歳当時。吉田沙央里に似ているとも…。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大好きな吉田沙保里選手が1月8日に現役引退を 発表しました。 いつかはこの日が来る…そろそろかな…とは思ってましたが、 現実になると、やっぱり残念だし寂しいですね。 リオオリンピックで、まさかの銀メダル。 あまりのショックで、即テレビ消したなぁ💧。 吉田沙保里は勝って当たり前って思ってたとこあったかも。 ごめんなさい…そんなプレッシャーと大きな期待を背負って長い間、 戦ってきたんですよね。 . #吉田沙保里選手 #女子レスリング #オリンピック3連覇 #霊長類最強女子 #平成31年 #1月8日 #現役引退 #お疲れさまでした #たくさんの #感動をありがとう #三重県民の誇り #日本の誇り . 後輩や色んなアスリートがコメントを発表しています。 読んでたら泣けてくる😭。 会見は10日だって💦 どんな会見になるのかな。 これからも、後輩達と一緒に女子レスリング界を 盛り上げて下さいっ✊‼。 お疲れさまでした~ありがとうございました。

佐田加代子(@kayoko_sata5572)がシェアした投稿 –

↓コチラの画像は今年3月末の無罪判決が出された時の画像だ。顔を見る限りふくよかな印象を受ける。太っている時は芸人の「ゆりやんレトリィバァ」に似ているとの声も…

 

 

美香さんは発達障害やADHD、軽度の知的障害があることから単に体重が増減しているだけでなく、何かしらの精神障害(摂食障害)なども関係しているのかもしれない。冤罪の様々なストレスの影響なども考えられる。

いずれにしても無罪を勝ち取った訳で、ようやくこれで胸を張って堂々と歩けるのだ。

たとえ障害のある人が容疑者に疑われるようなことがあったとしても、その人の人権だけは最低限守らなければならないことは確かであろう。

 

 

 

事件
スポンサーリンク
chan-asaをフォローする
APPLE&CINNAMON

コメント

タイトルとURLをコピーしました