西山美香【看護助手】は事件の第一発見者!!他の看護師Aは誰??マスク姿とは?

人物

日本は「冤罪大国」とも言われるほど冤罪事件が多いとも言われるが、その中でも有名な冤罪事件がいくつかある。

その一つに「湖東記念病院事件」がある。この事件は2003年に滋賀県の湖東記念病院で入院中の患者が死亡したことを巡り、殺人罪に問われた元看護助手の西山美香さん。虚偽の自白によって懲役12年という刑が確定し、服役後の後に再審を請求。結果無罪が言い渡されたという。

この冤罪事件が生まれた背景には様々な要因があったとされている。

今回はこの西山美香さんの冤罪事件が生まれてしまった湖東記念病院事件についてと第一発見時の状況、そしてその場にいた他の第一発見者である看護師のことについても調べてまとめてみた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

西山美香さんが冤罪となった湖東記念病院事件の概要

この事件は2003年5月に滋賀県の病院で入院中の男性患者(72)が心肺停止の状態で発見されたことから事件が始まった。容疑を疑われた当時看護助手をしていた西山美香さん(当時23歳)が任意を取り調べに対し、「自分が(人工呼吸器の)チューブを引き抜いて殺した」と供述したことによって殺人罪て逮捕・起訴された。

公判では容疑を否認した西山さんであったが、一審の大津地裁は懲役12年の判決を言い渡す。西山さんサイドは控訴・上告をしてものの、2007年5月に刑が確定し服役していた。

服役中に行われた1度目の再審請求は棄却されたが、2度目の再審請求において大阪高等裁判所は再審開始を決定。一方、西山美香さんは12年間服役し2017年8月に満期で出所。

2度目の再審請求は西山さんが出所して4ヵ月ほど経過したころだった。

そして2020年の今年3月に大津地裁での再審で無罪判決が下された。

 

冤罪事件が生まれてしまった原因

一度は刑が確定し出所の後に無罪となったこの事件。12年もの月日はあまりにも長すぎたと言える。

なぜこのようなことが起こってしまったのか?

西山美香さんの取調べに対応した当時の刑事が美香さんが「やっていません」と否定すると、「ウソを付くな」と態度が攻撃的になり、威圧的になった。

しかし、反対に刑事が誘導されたことに対して、たとえそれが嘘の自白であったとしても、それらを認めると態度が軟化し優しくなった。「取調べ」という特殊な状況の中、たとえ嘘を付いたとしても刑事の態度が優しくなるのは美香さんにとっての救いとなってしまう。全く事件に関しての心当たりがなくても、その優しさにすがるために警察側に誘導されるままに虚偽の自白をしてしまう。そして同時に担当刑事に対して恋心を持ってしまった。

通常、警察が犯人を自白させるためにアメとムチを使い分けることは常套手段なのであるが、美香さんはそれらを知らず、恋心を抱いてしまうまでになった。また、なぜそのような状況下において恋心が生まれてしまったのかは

当時の鑑定ではそこまで明らかにされることがなかったのだが、後に西山美香さんは軽度の知的障害と発達障害、ADHDがあることが明らかになっている。

これらの障害を持つ人は「供述弱者」と呼ばれる。例えば、相手に対して迎合(他人の考えに合わせてしまうこと)してしまうという傾向があるとされている。また、あれやこれやと責め立てられるとパニックに陥り、精神的に不安定になることもある。

さらに美香さんの場合、生い立ちから「愛着障害」があることも指摘されている。美香さんには上に兄二人の兄弟がおり、兄二人はとても優秀であったのに対し美香さんは勉強も出来ず、他に得意なことも見つからず事あるごとに兄たちと比べられ常に劣等感を抱いていた。

そのため、自分に関心を持ち、気持ちを寄せてくれる人を渇望していたのだ。それがたとえ虚偽の自白をすることになっても、その人の優しさを失いたくないほどに。

そして担当刑事はその美香さんの心の部分に入り込み、コントロール下に置くことで捜査を優位に進めてしまった可能性が後に弁護人らによって指摘されている。

この冤罪事件は警察側の誘導による優位な調書を作ろうとしただけでなく、「供述弱者」と呼ばれる障害を持つ人々の権利についても考えなえればならない事件であったのである。

 

湖東記念病院事件の第一発見者は他にもいた!!他の看護師Aは誰??

事件が起こった時の第一発見者はおむつ交換に巡回に来た看護師と当時看護助手として働いていた西山美香さんだった。事件のカギを握るのは呼吸器のアラーム音なのだが、通常人工呼吸器のチューブが外れるとアラーム音が鳴る仕組みになっている。

この時の状況も美香さんは後の取調べにおいて担当刑事から「アラーム音は鳴っていたんだろう?」と言われ、音を聞いていない美香さんは「聞いていません」と否定すると、「嘘を付くな!!」と机を叩けかれ威圧的な態度になったという。そこでパニックに陥った美香さんが思わず「鳴っていた」と嘘の自白をすると刑事は急に態度を変えて優しくなったのだ。

しかし、その後の操作において他に誰一人としてアラーム音を聞いた者は出てこなかった。男性刑事に「鳴っていた」と言わされてしまった西山さんの供述が不自然にあるにも関わらず、最終的には警察側の都合の良いように「西山さんがアラーム音を消す操作方法を発見して犯行に及んだ」という話に軌道修正された疑いがもたれているのだ。

そしてこの時の事件では看護助手の西山さんだけでなく、亡くなった男性患者を最初に見つけた看護師Aの存在がある。この時看護師Aは指示通り痰の吸引をしていなかった。

事件を担当した西山さんの弁護人は「痰が詰まって死んだと(看護師Aが)勘違いし、怠慢を問われると思った看護師Aがとっさに”呼吸器が外れていた”と嘘を付いた可能性が高い」とみている。

また、美香さんは当時ここまで考えていたという。

「A看護師はシングルマザーで逮捕されてしまうと生活できない。自分は正看護師ではないし、親とくらしているから。」と看護師Aをかばうようなことまで言っているのだ。

しかし、その後退職したAさんが西山さんの弁護団に協力することは一切なかったという。

 

湖東記念病院事件は冤罪だった!!事件現場にいた看護師Aは誰!?

ここで気になるのが事件現場にいた西山さんと共に発見者である看護師Aの存在である。調べてみたが、正看護師である以外は情報が見つからなかった。

事件が起こったことで気まずくなって辞めてしまった可能性も考えられる。しかし、自分が本当に関与していないのであれば、堂々としていれば問題ないという考え方もある…いずれにしても看護師Aが事件に関することを述べることはないのであろう。

 

西山美香さんの「マスク姿」とはなに?

西山美香さんについて調べると、「マスク」というキーワードが出てきた。しかし、特別な情報は出て来なかった。病院で働いていればマスクをすることは普通であるし、裁判時の画像にもマスクをしている姿があるのでその影響かもしれない。

追加すべき情報が出た時は追記したい。

 

 

 

人物
スポンサーリンク
chan-asaをフォローする
APPLE&CINNAMON

コメント

タイトルとURLをコピーしました