秋田八幡平クマ牧場事件の真相は経営者の怠慢?現在は?遺体の状態が酷い!!

 

 

 

7月19日(木)19時よりフジテレビにて「奇跡体験!アンビリーバボー」が放送される。今回は【国内実録事件!!ヒトを襲う恐怖のクマのSP!!】というタイトルだ。「突如として、人
を襲うクマたち!一体なぜ!?そこには、アンビリーバボーな背景と理由
が存在していた!」という内容だ。その中で、「2012年4月、秋田県に
あるクマ牧場で、飼っていたヒグマが逃げ出した!クマの世話をしていた飼育員2名が襲われ、経営者の報告により、レスキュー隊、警察、地元の猟友会のメンバーが現場に到着。
しかし、襲われてた取れた飼育員の近くに複数のヒグマがうろついており、狙撃は危険と判断。ヒグマたちは飼育されていた運動場の高さ4mの壁を乗り越えていた!園内には、ヒ
グマ、ツキノワグマに合わせて34頭が飼育されていたが、その時点で逃げ出したクマが何頭なのかすら不明…なぜ、クマは人を襲ったのか?どうやって高さ4mもの壁を乗り越えることがきたのか!?アンビリーバボーな結末とは!」という話がある。

これは2012年4月20日に秋田県鹿角市に当時存在した秋田八幡平クマ牧場で起こった「秋田八幡平クマ牧場事件」のことである。実はこの事件、クマ牧場を運営・管理していた元経営者の怠慢により、起こるべくして起きた事件であることが後に判明している。今回は事件の経緯と真相、現在のクマ牧場はどうなっているのかを調べてまとめてみた。

 

 

 

<「秋田八幡平クマ牧場事件」の経緯>

 

もともとこのクマ牧場は長年の赤字
続きにより、事件が起こる2012年の
秋ごろに閉園する予定であった。事
件当日の4月20日、八幡平クマ牧場
は春からの営業再開に向けて準備を
しているところであった。朝8時ごろ
当時女性従業員であった舘花タケさん
(75)の悲鳴が響き渡り、「クマが逃げ
た!」という叫び声が聞こえてきた。
それを聞いた男性従業員が駆けつける
と、逃げ出したクマに襲われている舘
花タケさんの姿があった。当時はもう
一人の従業員である舘花タチさん(69)
がいたのだが、男性従業員の呼びかけ
に対し返事がなかった。その後園内の
ヒグマが6頭脱走していることが判明。
男性従業員は地元にいるツキノワグマ
猟師に連絡。脱走したクマの射殺がな
されることとなった。駆け付けた猟師
は遠くからクマ牧場を見渡せる場所に
来ると、倒れた人の姿があるのを見つ
けた。もう一方では、クマが一人の人
間を巡り、エサを取り合うようにして
人の体を引っ張り合っていたのが見え
たという。のちに脱走したクマ6頭は
全て射殺された。この事件で亡くなら
たのは、最初にクマの脱走を伝えた舘
花タケさんと、牧場で作業していた舘
花タチさんであった。

 

 

 

<秋田八幡平クマ牧場事件の真相とは??>

 

この事件が起こった背景として、「な
ぜクマが園の外に逃げてしまったのか
??」ということである。実はもともと
、このクマ牧場は管理不行き届きが問
題視されていた。ヒグマが脱走出来た
のは当時高さ4mの堀に囲まれた運動場
の隅に溜まってしまった雪が原因で、
塀をよじ登れる高さまでになっていた。
本来であれば、この雪は園内で適切に
処理されなければならいからだ。また、
女性職員らが慌てて逃げ出してしまっ
たこともヒグマ遭遇の際にはしてはい
けないタブーをしてしまっていた。

 

 

 

 

 

<「秋田八幡平クマ牧場事件」の被害者の遺体の状態が酷い!!>

 

舘花タチさんの遺体が発見された時は
遺体の損傷が激しく、右腕と左の指が
食べられており、顔も判別が出来ない
ほどであった。のちに猟友会がヒグマ
を解体した時、胃内からは握りこぶし
大のくすんだ赤色の肉片、毛髪、捲か
れた皮膚、胃液で黄色になった服飾の
一部などが発見された。
これだけ遺体の損傷が激しいのも、当
時のヒグマらの空腹状態が続いたこと
も原因の一つであるとされる。被害に
あった女性従業員をクマたちで奪い合
う姿は、クマたちがいつもお腹を空か
せた状態であったことを表している。

 

 

 

 

<秋田八幡平クマ牧場事件は起こるべくして起こった!?経営者の怠慢が原因か>

 

なぜ、クマらがいつも飢餓状態であっ
たのか、実は当時の経営者の管理不足
が原因であるとされている。クマ牧場
のクマはガリガリに痩せていて、素人
目にもクマのエサの量が十分であった
とは言えない状況であった。現に、来
場者からもらえるパンをクマたちで奪
い合う光景が凄まじかった。
なぜなら、このクマ牧場の元経営者の
怠慢であったと言わざるを得ない。こ
の元経営者は雇っていた従業員を最低
限の賃金しか与えず、クマ牧場を閉園
するにあたり、最後はクマたちにエサ
を与えず、共食いによる自然淘汰を考
えていたことも後の話で明らかとなっ
ている。
まるでクマたちを金儲けの道具としか
考えておらず、不要になったらゴミ同
然の扱いで捨てる行為は最低としかい
いようがない。
しっかりとクマたちにエサを与え、管
理していれば事件は起こらなかったと
さえ思え
る。

のちにクマ牧場の元経営者であった長
崎貞之進容疑者と元従業員であった舘
花清美らが業務上室致死で逮捕されて
いる。

 

 

 

<秋田八幡平クマ牧場の現在とは??>

 

元経営者によるクマ牧場管理の怠慢が
原因で起こった事件。凄惨な事件を受
けて、2012年6月1日にクマ牧場は閉
園となった。現在は跡地のようになっ
ているだけのようだ。

 

 

 

 

 

 

生物
スポンサーリンク
chan-asaをフォローする
APPLE&CINNAMON

コメント

タイトルとURLをコピーしました