いつまで寒い?2023年は?東京や関東の寒さはいつまで続く?

未分類

全国各地で厳しい寒さが続いており、暖かさが恋しくなるところですが、2023年も年が明け2月4日は立春になります。例年を考えるとまだまだ寒い日々が続くと考えられますが、東京を含めた関東地域はいつ頃まで寒いのでしょうか??また体感的に暖かさを感じるのはいつ頃なのでしょうか??調べてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2023年はいつまで寒い?全国の3カ月予報を調べてみた

予想される向こう3か月の天候(2023年01月~)
平均気温は、沖縄・奄美で平年並または低い確率ともに40%です。降水量は、東日本太平洋側で平年並または少ない確率ともに40%、西日本太平洋側と沖縄・奄美で少ない確率50%です。日本海側の降雪量は、平年並または多い確率ともに40%です。
 1月
北日本日本海側では、平年に比べ曇りや雪の日が多いでしょう。東・西日本日本海側では、平年に比べ曇りや雪または雨の日が多いでしょう。北日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。東・西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
 2月
北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。東・西日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。北・東日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。西日本太平洋側では、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
 3月
北日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。東日本日本海側では、天気は数日の周期で変わるでしょう。北日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。東日本太平洋側では、天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。西日本では、天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美では、天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。

引用元:長期予報(3カ月予報)-日本気象協会

また全国の気温に関しては

1月:気温は、全国で平年並または低い確率ともに40%です。

2月:気温は、沖縄・奄美で平年並または低い確率ともに40%です。

3月:気温は、北日本で平年並または高い確率ともに40%です。

引用元:気象庁|季節予報

 

いつまで寒い?2023年は?東京や関東の寒さはいつまで続く?

1月下旬は今季最強クラスの「寒波」襲来の恐れ 大雪や極寒に警戒

この先2週間の天気と気温の傾向です。次の週末から寒波が襲来。24日(火)頃には西日本の上空1500メートル付近にもマイナス12℃以下の強い寒気が流れ込むでしょう。日本海側は大雪の恐れ。太平洋側にも所々に雪雲が流れ込むでしょう。厳しい寒さとなりそうです。(中略)

寒波が長期滞在の恐れ

最高気温・最低気温ともに、21日(土)頃から26日(木)頃にかけては、平年より低い日が多くなるでしょう。北海道は日中もマイナス5℃以下と、凍えるような寒さの日が多くなりそうです。東北や北陸、山陰、九州北部でも最高気温が0℃前後の日がありそうです。関東から九州も5℃前後と、震えるような寒さの日があるでしょう。 1月下旬は一年で一番寒い時期ですが、今シーズンは平年を下回る寒さとなりそうです。万全な寒さ対策をなさってください。

引用元:2週間天気(Yahoo!ニュース)

1月20日は「大寒」例年でも寒さの一番底になる時期

2月4日は立春ですが、その前に1月20日は「大寒」です。名前の通り、最も寒さの厳しい頃を言います。大寒(1月下旬)の頃から立春頃(2月上旬)までの期間が一年で最も寒さが厳しい季節です。現にこの時期の東京の最高気温は9.6℃と最低が0.3℃で一年のうちで一番気温が低い時期になります(統計期間1981~2010年)。

それ以降は徐々にですが、最低気温と最高気温共に徐々にですが、上昇傾向にはあります。しかし、例年だと2月もまだまだ寒いですし、3月初旬であっても寒い日が続きます。東京などの関東近郊に住む人であれば多くの人が暖かさや春を感じられるのは3月中旬ごろぐらいが多いのではないでしょうか??
それまではまだ日数がありますし、体調管理やコロナなどの感染症にかからないよう気を付けたいところですね。

 

「いつまで寒い?東京や関東の寒さはいつまで続く?」のネット上での口コミ

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました