業務スーパーの台湾胡椒餅(こしょうもち)が美味しい!!食べ方やカロリーは??

台湾

台湾といえば美食、グルメの町でもあり、日本との近さからも人気旅行先でもあります。

ここ数年はタピオカを始めとする台湾グルメがかなり浸透してきましたが、コロナ禍で気軽に海外へ行けなくなってしまった昨今、日本国内で台湾グルメを楽める機会も増えてきました。

そんな中、身近に手軽で安く台湾料理を楽しめる業務スーパーも台湾グルメを販売していますよね。最近だと台湾カステラ、葱抓餅、鶏排(ジーパイ)、タピオカ等々…

そして最近出たばかりなのが胡椒餅(こしょうもち)という新しい台湾グルメです。

今回はこの胡椒餅について、食べてみて美味しかったので記事としてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

業務スーパーの台湾胡椒餅(こしょうもち)とは??

数日前、近所の業務スーパーに行った時に新商品である「台湾胡椒餅(冷凍)」を見つけたので、気になったため購入してみました。ですが、正直あまり期待していませんでした。「どうせ冷凍だし本場の味とは違うんだろうな…」くらいにしか思っていませんでした。というのも、数年前に台湾旅行に行った時に本場の胡椒餅を食べたことがあったから…という経緯からでした。

ウィキペディアで調べたところ胡椒餅は

胡椒餅(こしょうもち/フージャオビン)はもちもちとした食感を持つ台湾の焼肉まんである。中国福建省の福州市発祥だが、今の中国では徐々に見られなくなり、台湾で逆に庶民料理として広まっている。

B級グルメのひとつとして、台湾には非常にポピュラーであり、台湾中の夜市や露店で購入できる。小麦粉・もち粉・蕎麦粉と水を練った生地からなる皮に、砂糖・醤油・胡椒で下ごしらえされた肉(大抵は豚肉か牛肉)と大量のネギからなる具を包んで作られるのが一般的である。

引用元:ウィキペディア フリー百科事典 「胡椒餅」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような感じで台湾では外食文化が盛んですので、胡椒餅も街中の露店で販売しているため、人々がいつでも気軽に胡椒餅を食べることができるようになっています。

 

業務スーパーの台湾胡椒餅がスパイシーで美味しい!!食べ方やカロリー、値段は??

では業務スーパーの胡椒餅の食べ方ですが、こちらも冷凍食品になりますので、レンジで解凍から食べることが出来ます。

本品の裏書きの「お召し上がり方」を見ると

【お召し上がり方】

電子レンジ(600W)で加熱する

パッケージのまま本品を解凍後、ハサミなどで切り目を入れ1分を目安に加熱してください。冷たい場合は10秒ずつ加熱してください。さらにオーブントースター(170℃)で3~4分加熱すると、表面の生地がカリッとなりより一層美味しくお召し上がりいただけます。(加熱時間は電子レンジの機種により差が出ることがあります。)

という説明書きがありました。余裕があればオーブンで焼くことをおすすめします。本場は円形の石窯に胡椒餅を貼り付けて焼いているので、オーブンを使用した方が本場に近い香ばしさや風味が楽しめると思います。

気になる味の方は…本場台湾屋台の味に近いと思います。五香粉の香りと胡椒のスパイシーさ、ネギと豚肉がゴロゴロ詰まっておりボリュームがあります。生地はパンというよりパイ生地に近いような感じがしましたね。スパイシーでジューシーな肉だねとマッチしていて美味しいと思います。欲を言えばもうちょっと胡椒餅自体が大きくてもいいかも…という点だけですかね(笑)次もリピート買いしました。

値段は267円でした。300円しないくらいで購入出来ます。日本国内の台湾関連のお店で胡椒餅を買うとなると、おそらくもう少し値段がすると思うので手軽に安く試してみたい人にはおすすめです。

栄養成分的には総カロリー351kcal、たんぱく質16.4g、脂質13.9g、炭水化物40.2g、食塩相当量1.5gでした。食事にするには量が足りないかもしれませんが、おやつや夜食などの小腹がすいた時にちょうど良いかもしれませんね。ダイエット中の人には不向きかもしれませんが、気になる人は一度お試し頂いても良いかと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました