Sa傘【さかさ傘】とは?販売店はどこ?通販で売ってる?デメリットはある? 

雑貨

毎年梅雨の時期は憂鬱ですが、梅雨の時期は傘が必需品でもあります。

傘を使用しても濡れてしまうことは多々あると思いますが、今年は”とある逆転の発想の傘の売れ行きが好調”のようです。

その名も「Sa傘」という傘です。今回はこの売れ行き好調のSa傘について調べてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Sa傘【さかさ傘】とはどんな傘なの?

「Sa傘」とはその名前の通り、普通の傘とは”逆さ”の向き(外側に向かって)に閉じます。普通の傘が畳む際に内側が中に入るのとは正反対に、SA傘は中が外側に来ます。そのため、普通の傘とは反対の動きをします。イメージとしては普通の傘が強風でひっくり返っているような姿が畳んだ際の形に近いですね。

この元来の傘とは正反対の作りによって得られるメリットがあります。それは「濡れた面が内側に入るので、触れることで周りの人や自分自身を濡らしてしまう心配がない」ということです。

閉じる際に水切りする必要性がなく、車を乗り降りする際には本来の傘と反対の動きであるため、乗り込んでから傘を閉じることができます。体も車内も通常の傘より濡れにくいことから、”車用の置き傘”として「Sa傘」を購入する人も多いようです。

そしてもう一つのポイントが「Sa傘」は本来の傘とは構造が逆なので閉じると自立します。レジ会計の時など少し傘を置きたい場面で役立ちます。風が強い日でも壊れにくいのも特徴です。

この「Sa傘」を考案したのは傘で有名な会社(国内シェア1位)の「Waterfront(ウォーターフロント)」で、全国の取り扱い店では現在も品薄状態が続いてるようです。6月の梅雨時期に向けて増産中とのことで急ピッチで進めているのです。

 

Sa傘【さかさ傘】の販売店はどこで売ってる??

逆転の発想で注目の「Sa傘」ですが、販売店ではどこで売っているのでしょうか??

今のところ、販売店での扱いは取り扱いはなされていないようです。しかし、今後増産がなされるにつれて販売される可能性は十分にありますから、ウォーターフロントの扱いがある傘が置いてあるところはチェックしてみるか、店員さんに聞いてみてもよいかもしれません。

 

Sa傘【さかさ傘】は楽天やアマゾンなどの通販で売ってる?

アマゾンではウォーターフロントの「Sa傘」の取り扱いはありませんでしたが、類似品の販売は見られました。

Sa傘【さかさ傘】のデメリットはある??

人気急上昇中のSa傘ですが、逆にデメリットはあるのでしょうか??

Sa傘は構造上末広がりであるため、よくあるコンパクトな傘立てには収まりずらいということがあります。畳むなどしてコンパクトにする方が良いかと思います。

また、周りの傘は普通の傘であると自分の傘を開いた時に、傘の水滴が自分の傘の内側に接しているため、開いた時に自分が濡れてしまう可能性があることもデメリットとして挙げられるようです。

 

Sa傘【さかさ傘】の透明傘やワンタッチ傘は取り扱いはあるの??

現状において透明傘やワンタッチ傘のSa傘(さかさ傘)の販売はないようです。

しかし、今後このさかさ傘が流行していけば様々なバリエーションの物が展開されていきますので、販売されるのも時間の問題だけかもしれませんね。

Sa傘(さかさ傘)の口コミ・感想は??

 

 

 

 

 

雑貨
スポンサーリンク
chan-asaをフォローする
APPLE&CINNAMON

コメント

タイトルとURLをコピーしました