今井和美は家電修理の達人!!三重県のお店(電機屋)はどこ??料金はいくらぐらい?

ビジネス

魅力的な電化製品は私たちの生活を便利に楽しいものにしてくれる。

その反面、昔使った古い家電は処分したりしなければならないが、自分や家族の思い出が多く詰まった家電をなかなか捨てたりすることは出来ない。しかし、昔の家電のために壊れてしまったり、修理しようとしても足りない部品自体がもう生産されていなかったりする。

そんな思い出の詰まった昔の電化製品を復活させる達人が、三重県の深い山里の店にいるという。

今井和美さんという60歳の男性のようだ。

今回はそんな古い電化製品を復活させる今井さんについて調べてまとめてみた。

 

 

 

スポンサーリンク

家電修理の達人!!今井和美とはどのような人物??

三重県津市にある今井電子の店主である今井和美さんは昔の古い家電を直して、再び使用出来るようにする家電修理の達人である。

メーカーですら「直せない」と諦めてしまう故障家電をなんと95%以上の確率で修理するという。

もともと、機械いじりが好きだった今井さん。今井さんが初めて家電の修理を始めたのは小学生のころ。修理方法は電子工学の本を繰り返し読み、独学で技術を身に着けたという。この道、修理一筋50年の大ベテランだ。

今ではその腕が評判となり、毎月200件もの家電修理依頼が舞い込んでくるという。

「もう直せない」と他で断られた電気屋から、最後の望みとして今井電子へ持ってくる人が多い。

そんな今井さんの喜びはやはりお客さんの笑顔であり、それが”故障電化製品修理をする原点”であると語る。

 

家電修理の達人!!今井和美の修理エピソード その1

依頼人のAさんが持参したのは38年前に購入したオーディオ機器。20代のころに3年間のローンを組んで購入した思い出の詰まる品である。

しかし歳月が経過しているため、サビよるノイズがヒドい状態だ。

約40年前の品物であるため、部品は絶版になっており入手出来ない。

この場合、今井さんは似た部品を加工することで足りない部品を補っているという。

修理の結果、オーディオ機器は昔と変わらない音が再生された。

 

家電修理の達人!!今井和美の修理エピソード その2

依頼人のBさん夫妻が持ってきたのは50年前に購入したという8mmフィルムの映写機。

フィルムの巻取りが上手く出来ないので、直して欲しいと今井さんのところへ修理依頼が来た。

それなまでにBさん夫妻は既に2つの業者に依頼していたのだが、原因が分からず断れてしまった。

しかし今井さんは一緒に入っていたフィルム側に劣化による歪みがあることが判明。それを調整したことでフィルムが動き、当時の映像も無事に写し出すことが出来た。

Bさん夫婦は半ば諦めていたが、見事に当時の映像が蘇ったのだ。

 

家電修理の達人!!今井和美の修理エピソード その3

今井さんの修理は古い家電ばかりとは限らない。

Cさん夫妻は米農家を営んでいる。毎年のように収穫したばかり米を乾燥機の入り口に投入したら動かなくなったという。収穫直後に起きた予期せぬ出来事。もしこの乾燥機が動かず、新しいものを購入しなければならない場合は100万円以上の費用がかかってしまう。修理が出来ない場合、Cさん夫妻は米農家からの引退をしなければならないという。

今井さんはこれらの事情を考慮し修理に取り掛かる。

初めて目た巨大な機械であったが、まずは構造を確認。自身の長年の経験から巨大な機械であっても原因は同じであると考え、今井さんはモーターに目を付ける。するとモーターが壊れていたので交換すると見事に再稼働し、再び使えるようになった。修理代は10万円以内に収まり、新品を購入するよりも10分の1の費用で済んだ。

 

スポンサーリンク

 

今井和美の家電のお店はどこにあるの??料金はいくらぐらい??

名称:今井電子サービス

住所:三重県津市美杉町太郎生599

TEL:059-273-0459

 

気になる家電修理の修理料金であるが、少しであるが情報があったので記載しておく。

・古いファックスの修理代(1万円)

・古い8mmの映写機の修理代(2万円)

・米の乾燥機の修理代(10万円)

これらは修理代だけでなく、古く動かなくなった部品から新しい部品への部品代や交換したモーター代金も含まれている。思い出を蘇らせることはお金に変えられない価値があると思うので、今井さんの技術で蘇らせることが出来るのは素晴らしいことであると思う。

 

ビジネス
スポンサーリンク
chan-asaをフォローする
APPLE&CINNAMON

コメント

タイトルとURLをコピーしました