小林慎太郎【ラブレター代筆屋】のwikiプロフィール・経歴とは?

お店

「ラブレター代筆屋」と言われる職業があることをご存じですか?誰かの変わりに気持ちを伝える仕事をされている男性がテレビ出演されるようなので、気になったので調べてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

12月11日(日)放送の ザ・ノンフィクションは

ラブレターを書く人 ~愛を伝えたい人々と代筆屋~

大切な人に「愛」を伝えたい…でも、いざとなると言葉が見つからない。

そうした人たちの思いを手紙につづるのは「ラブレター代筆屋」の小林慎太郎さん(43歳)。会社勤めの傍ら、8年前から代筆屋を始め、これまでに160通以上のラブレターを書いてきた。当初、想定していた若い女性からの“胸キュン”な依頼はほとんどなく「離婚をなかったことにしてほしい」「病気の妻に感謝の気持ちを伝えたい」など、切実な思いを何とか相手に伝えたい人からの依頼が多い。

「解散が決まった地下アイドルにラブレターを送りたい」という依頼者は45歳の寺木さん。ファン歴はまだ半年だが、彼女に会うために仕事終わりや休日を使い、週に3回以上、ライブ会場へ足を運ぶ。そんな寺木さんが伝えたい「愛」とは…

「40年前に離ればなれになった娘に会いたい」という81歳の阿部さんは、父の愛を伝える手紙を小林さんに依頼してきた。4歳の時に妻と離婚し、以来、一度も会ってない娘。手元にあるのは、娘の写真をプリントしたハンカチだけ。写真は一枚ももっていない。当時から、中華料理店を一人で営む阿部さん。「私が大きくなったらお父さんのお店を手伝ってあげる」という娘の言葉が宝物のような思い出だ。
そんな阿部さんの思いを伝えるために、小林さんはどんな「愛の言葉」をつづるのだろうか…

誰かに愛を伝えたい人々とその思いを手紙につづる男の心の交流を見つめた…

引用元:ザ・ノンフィクション-フジテレビ

 

小林慎太郎【ラブレター代筆屋】のwikiプロフィール・経歴とは?

名前:小林 慎太郎(こばやし しんたろう)

会社名:デンシンワークス

生年月日:1979年生まれ

学歴:立教大学卒業

都内IT企業に勤めるかたわら、2014年よりラブレター代筆屋としての活動を開始。現在までに160通を超えるラブレターを代筆。 その特異な活動が注目され、新聞やラジオ、WEBといった各種メディアに取り上げられるとともに、フジテレビ『アウト×デラックス』、日本テレビ『ニノさん』等、テレビ番組にも多数出演。

引用元:代筆屋プロフィール|デンシンワークス

 

代筆屋の小林慎太郎さんが考える仕事への想いとは?

私が代筆屋の看板を掲げたのは2014年の春。会社員としてめまぐるしい日々を過ごす中で、ビジネスや金銭、効率性とはかけ離れたところで何かしてみたい。そう思ったのがそもそものきっかけでした。

その中で、ラブレター代筆屋を選んだのは、正直なところ特段の理由はありません。過去、自分が告白をするときはいつもラブレターを書いて渡していたため、なんとなくラブレターに関する仕事をしてみよう。それだけのことでした。

ただ、ラブレター代筆屋として活動するなかで、多くの人と出会い、様々な恋や愛や想いに触れることで、活動当初にはなかった使命感や責任感が生まれてきたのもまた事実です。

最近は、代筆屋を主人公としたアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の影響で、代筆屋をかっこいい職業、ロマンチックな職業ととらえる向きがあると感じています。しかしながら、私の体感としては、まったくそんなことはありません。すごく泥くさい仕事だと思いますし、揶揄されることや嘲笑されることもままあります。儲かるような仕事でもありません。

私は会社員としての一面も持っており、生活だけでいえば、時間や体力を消耗してまで代筆屋をする必要は正直ないです。それでも、私は今日まで代筆屋を続けてきました。なぜか?あおれは、会社員としては交わることのできない人々に出会うことができるから。そして、会社員として得ることのできない心の充足を、誰かの役に立てているという実感を得ることができるから。それに尽きます。

古臭くて、嘘くさい言葉でいうのなら、この仕事は、私に”愛”を与えてくれるのです。

だから、効率が悪かろうと、手間がかかろうと、私は今日も、きっと明日も、代筆屋であり続けますし、そうありたいと願っています。

引用元:代筆屋プロフィール|デンシンワークス

 

→ラブレター代筆屋の小林慎太郎さんの公式ホームページ

→ラブレター代筆屋の小林慎太郎さんの公式ツイッター

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました