知床遊覧船kazu1(カズワン)観光船行方不明!!船長や会社の名前は誰??

事故

4月23日午後、北海道の知床沖で26人が乗った観光船「kazu1(カズワン)」が知床半島のオホーツク海側で行方不明となってしまう事故が発生。

連絡がとれなくなった観光船「KAZUⅠ(カズワン)」を捜索している第1管区海上保安本部(北海道小樽市)は午前11時までに、海上や岩場などで計9人を見つけたと発表した。

これまでの発表によると、このうち7人は意識がない状態という。

今回はこの事件の詳しい経緯と共に、単に自然を楽しむはずであった観光船kazu1(カズワン)についてと船長や運営会社ついても調べてまとめてみた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

知床遊覧船kazu1(カズワン)観光船が行方不明!!

北海道斜里町の知床半島西側のオホーツク海を航行中の観光船「KAZU 1(カズワン)」(定員65人)から23日午後1時15分ごろ、「船首部分が浸水して沈みかかっている」と第1管区海上保安本部(小樽)に救助要請があった。同2時ごろ、運航会社に「30度ほど傾いている」と連絡して以降、音信が途絶えた。

船には乗客乗員計26人が乗船。複数の巡視船とヘリコプターなどが捜索に向かったが、同日午後11時現在、船と26人は見つかっておらず安否不明。航空自衛隊の救難捜索機も現場で活動を始めた。

引用元:スポニチアネックス

26名のうち2名は子供、他に船長と甲板員が1名ずつ乗船していたという。運営会社の説明によると全員に救命胴衣を着用させてはいるものの現場付近の海水温度は2~3度ほどで、この日は3度を下回っていたという。救命胴衣を着用しているとはいえ、そこは北海道の海だ。一度海に落ちれば一気に体温を奪われ命を奪われる危険性が高くなる。

北海道・知床半島沖で乗員乗客26人が乗った観光船と連絡が取れなくなっている事故について、海上保安庁は、現場周辺で新たに2人を発見し、救助したと発表しました。

2人のうち1人は意識がないということです。

現場周辺では、これまでにあわせて9人が発見・救助されていますが、うち8人が意識不明で、5人は救命胴衣を着用した状態で救助されたということです。

引用元:TBSテレビ

最新のニュースでは9名の乗船者が発見されているものの、残りの17名の捜索は以前続けられている。救命胴衣も発見時は着用していない人もおり、最初から付けていなかったのかなどは現在の時点で不明だ。

また天候があまり良くない中船を出したこと、船が出発する前から船本体に亀裂があったことが問題視されている。

NHKなどの報道によると、別の観光船運航会社の社長が「(風が強くて海が)荒れるのが分かっているから、(運航を)やめた方がいい」と忠告したにもかかわらず、事故を起こした船は出航していたという。

引用元:日刊現代DIGITAL

別の会社の観光船の乗組員は「KAZU I(カズ・ワン)」は、去年座礁したにもかかわらず、「亀裂を修理していなかった」と指摘しています。

別の観光船の乗組員
「(亀裂の大きさは?)大体これ(10cm)くらい。修理していないからそのまま冬を越したと思う。もしかすると、そこから浸水したのかもしれない。」

引用元:HBC北海道放送

 

知床遊覧船kazu1(カズワン)観光船行方不明!!船長や会社の名前は誰??

カズワンの船長は北海道斜里の町の豊田徳幸さん(54)、甲板員は東京都調布市出身の曽山聖(そやま・あきら)さん(27)であることが判明している。

また会社名はそのまま「知床遊覧船」という名前で専用のホームページもある。

〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウロト東53

→知床遊覧船公式ホームページを見てみる

ホームページによれば船は「kazuⅠ」と「kazuⅢ」いう船を2隻持っている様子。

当然だがホームページを見ると新規募集は停止している。

北海道の大自然を満喫するだけの予定が、まさかこんな事態になるとは誰が予想しただろうか…1人で多くの人が助かってくれることを切に願うしかない。

 

こちらの記事もどうぞ

→豊田徳幸【知床観光/遊覧船】船長!!ブラック企業!?facebook特定か

 

 

 

 

事故
スポンサーリンク
chan-asaをフォローする
APPLE&CINNAMON

コメント

タイトルとURLをコピーしました