冷血君主の寵愛は歌姫のために【LINEマンガ】のネタバレ・結末は?

漫画

「冷血君主の寵愛は歌姫のために」はLINEマンガで独占掲載中の恋愛漫画になります。2022年の12月に掲載が開始されたばかりの漫画ですが、今回は「見捨てられた推しのために」のネタバレ・結末や原作は小説なのか?等気になったので調べてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

冷血君主の寵愛は歌姫のために【LINEマンガ】のあらすじとは?

辺境の国の王女・アイーシャは、国を襲った野盗の捕虜となり女神の歌声を失った。 生きる希望を見失いそうになった時、アイーシャを救い出したのは大陸の絶対権力者・ヴィクトル大公だった。 戦争狂と恐れられるヴィクトルが自分にだけ見せる優しさに惹かれながらも、戦争の悲惨さに心を痛めるアイーシャ。傷ついた民を救い、争いのない未来を作るために、一度は失った歌声を再び響かせる。 これは、争いを嫌う歌姫と、戦うことでしか守る術を知らない冷酷な君主が、共に生きる未来を手に入れるまでの物語。

引用元:冷血君主の寵愛は歌姫のために|まんが無料・試し読み|LINEマンガ

原案:長尾ユキ

冷血君主の寵愛は歌姫のために【LINEマンガ】のネタバレ・結末は?

※随時更新

2022年12月21日に開始したばかりの新連載ですので、まだまだ展開が読めなさそうです。コメントでも多かった意見は(私も思いました)表紙の絵と中身の漫画が違い過ぎるということ(笑)別の人が書いたのかな?表紙は割と芸術的?肉感的?な絵だったのに対して、漫画のヒロインと君主は表紙に比べると線が細い人たち(今どきの細マッチョ?)?だな…と思いました。

冷血君主の寵愛は歌姫のために【LINEマンガ】の原作は小説なの?

「冷血君主の寵愛は歌姫のために」はLINEマンガで独占掲載中ですが、原作などはあるのでしょうか??

調べたことろ、原作となるような小説等はないようです。原作者の長尾ユキさんによって今回が初めての公開となります。

 

冷血君主の寵愛は歌姫のために【LINEマンガ】を無料で読む方法とは?

「冷血君主の寵愛は歌姫のため」は現在LINEマンガにて独占配信中です。

第3話までは無料、第4話以降は23時間で1話読めるチャージ制になります。現時点では13話まで無料で公開しています(2022年11月現在)。

冷血君主の寵愛は歌姫のために|漫画無料・試し読み|LINE マンガ

LINEマンガは毎週水曜日に話数を追加していますが、それに伴い話数の無料公開も行っています(※最新ではないですが)。ですので、公開されている部分であれば23時間待てば1話ずつ読めますし、公開されていない続きも毎週水曜日になれば、こちらも1話ずつ公開されています。

待つことが苦痛でなければ、時間の経過と共に少しずつ読むことは可能なので、待ってみてはいかがでしょうか??

 

1日1話ずつ読むことが出来ますが、「時間まで待てない」「でもお金は払いたくない」というアナタ(笑)

そんな時は「無料コインゲット」でコインがもらえます(ポイ活のようなもの)。

多くの場合、何かの無料登録をするともらえるポイント(コイン)があります。(※無料期間を終了すると、課金が発生しますのでそこだけ注意してください。)

一気に読みたい場合は多くのポイントをもらえるポイ活がオススメですが、それ以外であれば地道にコツコツポイントを貯めていくしかありません。

またLINEマンガでは時々「ミッションイベント」でポイント(コイン)がもらえる場合があるので、そこでポイ活するのもオススメです(不定期ではありますが、結構チョコチョコ開催されてます)。他の作品を読むことでポイントがもらえる仕組みとなっています。やや労力を必要としますが無料でポイントがもらえるので、頑張ってポイ活しましょう(笑)

 

冷血君主の寵愛は歌姫のために【LINEマンガ】の口コミ

野党に滅ぼされるなんて弱すぎん?
よく今まで国として機能してたな。
村とかなら理解できるけど。
新しいパターンだな。

野党に襲われて滅びちゃう国って……

絶妙に絵がヘタクソで好きです

私は漫画の絵のほうが好き…少数派かしら?

表紙とタッチが違うけど、中は中で綺麗だから全然いいです!大公(?)めちゃくちゃタイプ!

表紙と実際の絵に違和感ありまくりだったけど
他にもいっぱい疑問に思ってる人いて安心した。笑

こんな状況でお助けが来る前まで都合良く3ヶ月も犯されなかったなんて、それこそ夢物語ですな。

もっと野生的なひとが出てくるかとおもいきや
だいぶスレンダーなひとが出てきたから
表紙絵確認しちゃったよね 笑

え!!!!こういうの好き!!!転生ものとか悪役令嬢飽きたから、こういうちゃんと同じ時代の人間同士の普通の話し求めたああああああ

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました