真夏のシンデレラ【ドラマ】何話構成で最終回?いつからいつまで?

スポンサーリンク
ドラマ

7月スタートのフジテレビ系ドラマ「真夏のシンデレラ」が月曜午後9時から新しく放送されることが決まりました。主演は女優の森七菜さんと俳優の間宮祥太朗さんのダブル主演になることが明らかになっています。

ドラマは「真夏の海で運命的に出会った男女が、それぞれの恋模様を抱き、複雑に交錯した感情や本音をぶつけ合いながら成長していくストーリー」となっています。

今回はそんな7月スタートのフジテレビ系ドラマ「真夏のシンデレラ」について、「いつからいつまで?」「何話構成で最終回なのか?」が気になったのでまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「真夏のシンデレラ」とはどんなドラマ?

夏がもたらした運命の出会いは突然訪れる――。海辺で一緒に生まれ育った“海辺のシンデレラ”である女友達3人組。一方、東京で親の期待に応えて一流大学に入学し、それぞれの道へ進むも優等生な日々を送る男友達。通常なら交わるはずのない、住む世界の異なる男女が真夏の海で運命的に出会い、複雑に交錯した感情や本音をぶつけ合いながら成長していきます。目には見えない“格差”を男女たちは互いに乗り越え合うことが出来るのでしょうか。人の温もりを、恋のトキメキを、短くも甘く切ない夏に全力で胸を焦がす物語。真夏の太陽の下、波の数だけ出会いがあり、砂の数だけ恋がある――そして、夏物語のキセキが動き出します。

引用元:真夏のシンデレラ-フジテレビ

キャスト

主要人物

蒼井夏海(あおい なつみ)-役:森七菜
サップのインストラクター。

水島健人(みずしま けんと)-役:間宮祥太朗
一流大学卒の大手建築会社に勤める男性。

牧野匠(まきの たくみ)-役:神尾楓珠
地元である海辺の町で働く大工。夏海の幼なじみ。

滝川愛梨(たきがわ あいり)-役:吉川愛
江ノ島で働く美容師アシスタント2年目の女性。

佐々木修(ささき おさむ)-役:萩原利久
臨床研修医2年目の男性。健人の高校時代からの友人。

山内守(やまうち まもる)-役:白濱亜嵐
男性チームの中で一番のお調子者。明るく元気なムードメーカー。

小椋理沙(おぐら りさ)-役:仁村紗和
シングルマザー。18歳の時に産まれた息子を育てる。

早川宗佑(はやかわ そうすけ)-役:水上恒司
海で助けた女性に一目惚れしてしまうライフセーバー。

スタッフ

脚本:市東さやか
演出:田中亮
プロデュース:中野利幸(フジテレビ ドラマ・映画制作部)
制作・著作:フジテレビ

 

新ドラマ「真夏のシンデレラ」はいつからいつまで?何話構成で最終回?

2023年7月スタートのフジテレビ系ドラマ「真夏のシンデレラ」が月曜午後9時からが放送開始になります。

「7月のいつからなのか?」はまだ発表されてまいませんが(※分かり次第追記します)、同じ昨年の夏季ドラマである「競争の番人」は7月11日(月)からの第2月曜日からの放送となりました。

これを踏まえると「真夏のシンデレラ」は2023年7月10日(月)からの放送になる可能性(※前後する可能性あり)が考えられます。

「真夏のシンデレラ」がいつまでの放送で何話構成なのかは公式からは明らかにされていません。しかし、今までの同じ月9ドラマ枠で考えた場合、およそ11話構成になることが予想されます。

それらを仮定して考えると

第1話 7月10日(※前後する可能性あり)
第2話 7月17日
第3話 7月24日
第4話 7月31日
第5話 8月7日
第6話 8月14日
第7話 8月21日
第8話 8月28日
第9話 9月4日
第10話 9月11日
第11話 9月18日

ということで、開始となる週で早まる可能性も考えられますが、7月10日開始で11話構成であると仮定すると9月18日に最終回を迎えると予想されます。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました