栗花落カナヲ【鬼滅の刃】のスカート(キュロット)の丈が短くなってるって本当??

アニメ

「鬼滅の刃 無限列車編」にて日本歴代興行成績トップを塗り替え、社会現象となったアニメ鬼滅の刃ですが、ついに2021年秋冬に続編の「遊郭編」が放送されます。

この遊郭編においても激しい戦闘シーンが繰り広げられますが、そんな激しい戦闘で炭治郎たちが着ている服が隊服になります。以前、元柱の鱗滝左近次さんが隊服は「通気性は良いが濡れにくく燃えにくい 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂くことすら出来ない」と話していましたよね。

そんな激しい戦闘にも考慮して作られた隊服ですが、隊員でスカートである隊士は栗花落カナヲと恋柱の甘露寺蜜離になります。何故か彼女たちだけスカートなのですが、「栗花落ナカヲのスカート丈が話が進むにつれて短くなっている」という噂を聞きました。

今回そんな「栗花落カナヲのスカート丈が短くなっている件」について、気になったので調べてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

栗花落カナヲのスカートの丈が短くなってるって本当??

では早速栗花落カナヲのスカート丈について見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

↑漫画「鬼滅の刃」6巻44話(9ページ)ですが、那田蜘蛛山編での鬼退治と隊員の手当のシーンに登場する栗花落カナヲです。この時のスカート丈はブーツから足が見えない感じがしますね。見えてもほんの少しでしょうか。スカート丈でいうと膝下ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑次は話は飛んで「遊郭編」の前後です。8巻の174ページと12巻46ページになります。

前回よりは足が見えていますよね。3~5cmくらいでしょうか。左側の画像は音柱である宇随天元がアオイ達をさらっていこうとする場面ですが、描写が上からであるためややスカートが長めに見えますが、右の画像である遊郭編の戦いの後のカナヲのスカート丈とほぼ同じくらいであると言えるでしょう。ただ前回と同様で膝下ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらは最終決戦となる無限城での戦いの時の栗花落カナヲのスカート丈です。

漫画「鬼滅の刃」では第16巻の141話(151ページ)と第19巻164話(70ページ)になります。

明らかに短くなっていますよね(笑)以前よりも完全にスカート丈が膝上になっています。

左側は走っている躍動感からスカート丈が分かりにくいですが、右の伊之助と肩を組んでいるところを見ると、膝上5cmくらいが妥当でしょうか。

 

栗花落カナヲのスカートは実はキュロットパンツだった!?

栗花落カナヲのスカートの丈が話が進むにつれて、短くなっていることは判明しましたが、実はこれは漫画「鬼滅の刃」の挿絵において、鬼殺隊の縫製係である前田まさお氏がインタビューに答えていることで明らかになったんですね(漫画「鬼滅の刃」21巻より)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、もうひとつ明らかになったのが、実は栗花落カナヲが履いているスカートはスカートではなく、キュロットパンツ(※主に女性が履く、ズボンよりも裾が広い)であることも判明しています。

確かに「鬼と戦闘するのにスカートって…絶対戦いにくいでしょ。」と思う方が少なくないと思いますが、実はキュロットパンツだったんですね。しかし、360度見ても見た目はスカートにしか見えないので、恐らくですがスカートの中に今でいうところの短パンみたいな物を履いているのではないかと考えられます。

鬼殺隊の縫製係である前田まさお氏は「栗花落カナヲのスカート丈が短くなっている件」について見事にとぼけていますが、確信犯ですよね(笑)

彼は本編では出てくることはありませんが、もしかしたらおまけみたいな感じで登場するかもしれませんね。

 

以上、「鬼滅の刃」の「栗花落カナヲのスカートが話が進むにつれて、短くなっている件」でした。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

 

 

 

アニメ
スポンサーリンク
chan-asaをフォローする
APPLE&CINNAMON

コメント

タイトルとURLをコピーしました